料理

チーズタッカルビを家で作ってみた!これは次の日が楽しみだ!

チーズタッカルビ 翌日

Notice: Undefined offset: 2 in /home/mamamap/mamamo.net/public_html/wp-content/themes/jin-child/functions.php on line 33

ちまたで話題の「チーズタッカルビ」。
「タッカルビ」というのが、「タッ」鶏の「カルビ」あばら肉という意味で、韓国の焼き肉の一種で、鶏肉と野菜を甘辛タレでつけこんだもののようです。

そこにみんな大好きな、最近ではなにかとインスタ映え争いが広げられている「チーズ」を加えたものが「チーズタッカルビ」です。

甘辛タレ+チーズ 間違いないやつですね。

期待を膨らませ、作ってみた!

 

チーズタッカルビ

Cpicon メチャうまチーズタッカルビ by まーちゅんまま

こちらのレシピを参考にさせていただいて、作ったのがこちらです!!

チーズタッカルビ

じゃーーーーん!!

美味しそうですよね!?美味しかったです!

お肉と野菜を箸で取って、真ん中のチーズの川でチーズを絡ませていただきます!

コチュジャンベースの味付けにチーズがほんとよく合う!!
お肉にタレを漬けこんでいる時からかなり美味しそうでしたよ!
ちなみに、後片付けが楽なように漬け込みはポリ袋で行いました。

こちらのレシピには、サツマイモも入っているので、サツマイモの甘味もグングンでていました。さらにとろみも!

唐辛子量はお好みで調整するといいと思いますが、個人的にはもっと辛くても良かったです。

レシピによっては、トッポギを入れたりもするそうで。
確かに、日本人なら餅を絡ませたくなる味。。

準備も楽で、野菜もけっこうな量が食べられるのがいいですね。

そしてこの「チーズタッカルビ」お楽しみがまだあるんです!

チーズタッカルビの次の日のお楽しみ

この日は他にも食べるものがあったので、少し余ってしまいました。

その余った「チーズタッカルビ」を次の日にお米と一緒に炒めたら・・・

これがまた病みつきになる美味しさ!!なんです。

チーズタッカルビ 次の日

米との相性抜群です!!!

辛味とコチュジャンと醤油を少し足しましたよ。
けっこう辛めにしたので真ん中には卵の黄身を置いて、今度はチーズではなく、黄身を絡めながら食べました!

これは、あえて余らしたくなる美味しさです。

本場韓国でも、シメには余ったタレにお米を投入して炒めて食べるようなので、お腹に余力があればその日のうちにやってしまってもいいと思いますが、けっこうお腹いっぱいになるやつなので、次に日の楽しみにした方が2日美味しい思いできます!

具材が余ってなくても、タレだけ翌日まで取っておけばいいと思いますよ。
タレに、鶏の出汁と野菜の旨味がたっぷりでているので。

私はこれがやりたくて、また「チーズタッカルビ」食べたくなりました。
是非試してみてください~。

error: Content is protected !!